スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
<< マリーアントワネット 映画の感想 その1 | main | マリーアントワネット ソフィアコッポラ監督 >>

マリーアントワネット また観たい

なんだろう、ソフィアコッポラの作品好きなんだよねー
コッポラ監督の愛娘でしょ。
幼い頃から父の作品に端役で出演。86年の「ニューヨーク・ストーリー」では父の短編で脚本を担当。89年「ゴッドファーザーPART掘廚妊泪ぅ吋襪量写鬚破楹淵妊咼紂次賛否はあったもののイタリア娘の存在感を醸し出し、なかなかの熱演だった。その後「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」に端役出演後、「ヴァージン・スーサイズ」で監督デビュー。監督第2作目は03年、東京を舞台にした異色ラブストーリー「ロスト・イン・トランスレーション」。異文化の地での疎外感や孤独を可笑しくも切なく描いた本作は各方面から絶賛され数々の映画賞を獲得、映画監督としての地位を確固たるものにした。99年「マルコヴィッチの穴」のスパイク・ジョーンズ監督と結婚したが、その後03年12月になって意見の不一致を理由に離婚した。
そうな。

音楽もイイ!若いし楽しい!
内容は、ひとりの切なさというか、テーマがあるのよね。
新聞で見たわ。
| 映画 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

| - | - | - |
Comment










05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Links
Categories
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Recent comment
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM